お安く気軽にゆるっと16番

HOや16番の金属工作を最小限の工具と労力でゆるっと楽しんでいます。皆さんも是非やってみて下さい。

鉄道省7270の製作・ゆるっとスライドバー

2段構成のスライドバー、ちょっと上のバーがゴツすぎますね、(^^ゞ。1ミリの洋銀線からダブルで作る予定を変更して、上段だけ1ミリの洋銀板から切り出したからです。とりあえずクロスヘッドがスライドするまで調整したので、後は気長にヤスリ修正いたしましょう。

最初にシリンダーの内側に付くブロックを5ミリの角材から整形しました。右は角材、左はシリンダーに合わせて削った物です。いざハンダ付けの際にクリップが外れて飛ばしてしまい、整形ミスを含めて4個も削りました。いやはや、飛ばした物は、作業終了後に洗浄用水のバケツの底にありました、(^^ゞ。次のシリンダーブロック製作に使えるから無駄にはなりませんが。

ブロックはダイカストのフレームに丁度はまり込む長さにしてあります。ハンダは鉛50を使い、シリンダーブロック上面に弁室やサドルを付けた際に溶けて落ちないようにと考えましたが、どうなりますか?。

スライドバーは下段一本をクロスヘッドに合わせて慎重に位置出しをして穴を開け取り付けました。スライドバーやピストン棒が少しでも引っかかると、シャクる走りになってしまうので、丹念に当たりを取りました。

上のバーも洋銀線を使い、スペーサーを挟んでダブルバーにと考えていましたが、1枚板からスペーサー絡み切り出したら頑丈だべ!と思いつき、切り出しました。下のバーに取付ける為の04の穴を開け、真鍮線を通したところです。

2本のバーを組み立てました。ハンダ付けしてから念の為、真鍮線はカシメておきました。下のバーも洋銀板から切り出せば良かったかなぁ、しかし、もう手遅れですね。(^^ゞ。

2本バーの平行が取れていませんが、引っ掛かりは無くスライドします。上段の太さを下段に揃える作業は明日のお楽しみです。

 明治の古典機には、この上部2本バー、上部1本バー、上下に分かれた2本バー、クロスヘッドを抱き込むような上下2本ずつの4本バーがあり、1本と4本が成績優秀だったとか。大正の国産機は初期は上下2本バーでしたが、ハチロク、キューロクで1本を採用してからは、1本が日本製蒸気機関車の標準になりました。排気の煤や、巻き上げる埃や鉄粉、更には撒き砂が付着しやすい滑動部分ですから、現役蒸気機関車のクロスヘッドは打音検査の打ち傷だらけでした。内燃機関ならエンジン内部に収まる機構が露出していた蒸気機関車の機械としての魅力を、スライドバーの厄介な調整をしながら改めて感じた夜でした。

鉄道省7270の製作・ゆるっとのんびりシリンダー

外寸で幅を両側1ミリつめたシリンダーを作り出しました。ずいぶんつめたつもりが、画像だとあまり変わりませんね、(^^ゞ。

シリンダーは8ミリ丸棒から削ります。前後蓋の境に糸鋸で切込みを入れ、ドリルレースします。シリンダーは外径7ミリまで削ろうと目論みました。(^^ゞ。

グルグル回したところ、偏芯があり、上手に削れませんでした、偏芯を矯正出来ないので、これ以上は無理とゆるっと判断して先に進みます。

ピストン棒の入る穴は2ミリで彫り込み、ピストン棒の先端が当たらないように深さを調整しました。この後、2ミリパイプをシリンダーの穴に埋め込みます。

2ミリパイプは約1ミリほど差し込んでハンダ付けしました。長いまま付けてハンダ付け後に切り落とします。

左右のシリンダーを結ぶ厚板を取付ける為にシリンダーに06真鍮線を植込み位置出しをします。シリンダー上面は約1ミリ、ヤスリで彫り込みました。プロクソンのミニヤンキーバイスは大活躍ですが、あちこち削られて気の毒な状態ですね、(^^ゞ。

厚板に真鍮線を通し、位置出しをしてハンダ付けしてます。カツミ販売のベークライト板もかわいそうな状態です、(^^ゞ。暇を見てペーパーがけしましょうか?。

外寸で2ミリ幅をつめたシリンダーの基本部分が出来上がりました。これにスライドバーを取付け、自作のクロスヘッドがスムーズにスライドするようにしなければなりません。(^^ゞ。蒸気機関車は市販品の足回りを流用しても手間暇がかかりますが、少しずつでもブルックスの個性に近づくのは楽しいですね。

上回りとの間にはゴツい煙室サドルが入ります。また、シリンダーを結んだ厚板の上には弁室を乗せなくてはなりません。シリンダー交換だけで、パーツを次々に作らなければなりませんが、このあたりが難しい分、頭の体操になるところですね。

 弁慶号に代表される軽便規格のモーガルと、前々作の7850あたりの軸重13トンクラスとの間を埋めている7270クラスのモーガルは、国産軽量モーガルの傑作、C56が大量に戦地に送られてしまった為に、淘汰が遅れ、太平洋戦争後まで生き残ったものが出たのでしょう。こんな非力な機関車で国産主力エネルギーたる石炭輸送を続けながら、戦争に突き進んだ日本人の愚かさは、世代を超えて反省すべき国家の汚点です。蒸気機関車をいじりながら、日本人は精神的に成長したのかいなぁ?と考えております。

鉄道省7270の製作・ゆるっとクロスヘッド

この幅広のシリンダーは何とかならんか〜といじってみたら外れました!(^^)。それならシリンダーがらみクロスヘッドまで新製しちゃいましょ!。ブルックスはスライドバーは上に2本まとめたタイプですから、どのみち天賞堂Cタンクのまんまとは行きませんから。

早速05洋銀板から切出しました。真ん中が1ミリ洋銀線のピストン棒、外側のロの字形はチャンネル状に曲げてスライドバーを通したら良かろうと思ったのですが、折り曲げ細工中に破断してしまいました。やはり曲げ細工には真鍮板ですね~(^^ゞ。 クロスヘッド本体にはピストン棒をカシメる04穴と、メインロッドをとめる1ミリの穴を開けてから切出しました。

洋銀のチャンネル作りに失敗したので、03真鍮板からチャンネルを作りました。U字に曲げてから左の掻き取り工具に噛ませ、万力に挟んでからコツコツ玄能で叩きました。曲げてから糸鋸で寸法に切り取りました。

ピストン棒の根元にはパイプを切ったリングを嵌めようとパイプを探しましたが見つからず、洋銀の03厚06幅の帯金を割りピンに曲げて通し、ハンダ付けしてから余分を切り取りました。オダマシ工作は今夜も発動です、(^^ゞ。

ブルックスの機関車のサイズに見合わない、大振りなクロスヘッドが出来ました。スライドバーが通る上の縁にはリベット付きウインドシルを貼ってゴツさを出しました。

天賞堂の上下2本スライドバータイプのクロスヘッドと比べるとゴツさが際立ちます。天賞堂のクロスヘッドはピストン棒も一体のロスト製品で、これはこれで利用価値のあるパーツです。次の悪巧みの引き出しのひとつになるので無駄にはしません。シリンダーが外せて良かった、良かった、(^^)。

鉄道省7270の製作・生き残り古典機の面魂。

なんだ、フロントデッキを作っただけじゃん、と言わないで下さい。ここまで来ただけでも奇跡!みたいなもんですから。(^^ゞ。

カプラーの胴受けですが、真ん中のダミーカプラーが付いている余剰パーツから整形したのが手前のコの字。ケーディーカプラーをポケットがらみ付ければ良いや、と思っていたのですが、どうやら高さが低すぎるようで、胴受けを用意しました。カプラーそのものは上のケーディーの廉価版です。

エンドビームには、排障器ならぬスノウプラウの取付足みたいなゴツいアングルが付いてます。これはテンダーのフレームに利用したエコーモデルの客車用床下器具取付板から、またもや切出しました。実物は輸入当初はカウキャッチャーを取り付けていて、外したあとにスノウプラウ用に利用したのではないかと思います。(^^)。

エンドビームにステップ、解放テコ、スノウプラウ取付足、エアーホース、カプラー胴受けを全てハンダ付けしました。カシメの併用は今回はしていませんので、スリリングなハンダ付けとなりました。

上回りを組み付けてみると、やはりシリンダーの幅の広さが気になります。16番の泣き所ですね~、フレームからコロンと外せれば新規に作るのですが、悩ましいところです。

ここまで作って、ランボードの幅を1ミリずつ広くすれば良かったかな?なんて反省していますが、横から見るんだから良いや、なんて早くもインチキな言い訳を考えています。スライドバルブの上蓋だけでも作り直しましょうか?(^^ゞ。

鉄道省7270の製作・ハンドレールを付けました!。

そりゃ、ハンドレールはつけるでしょ!?、って、よく見て下さい。煙室から煙室扉の脇まで引き回されてるハンドレールなんですよ〜、こんな造作は初めてです、(^^ゞ。

ハンドレールを付けるに当たって、ハンドレールノブは無いのである!。仕方なく05幅の帯金を割りピンに加工しました。ハンドレールそのものは煙室から煙室扉の脇に回り込むようにあらかじめ曲げました。

ヘッドライトは挽き物のパーツを使いました。08の穴を開け、1ミリのネジを切って台座にはネジ止めです。左上は1ミリネジ、その下がヘッドライトの台座です。台座は06板から切り出し、ついでにフロントステップと煙室サイドのステップも切りました。

全く不思議な顔になりました。ハンドレールだけはブルックスの原型のまま、空気制動改造されていたんですね、写真で見た時の変わった機関車だなぁと言う感想が、作ってみると驚きに変わりました。

御面相が魅力のひとつになっています。生き残り古典機の魅力を改めて感じさせるハンドレール取付けとなりました。(^^)!。

鉄道省7270の製作・ゆるっと放熱管

臼井さんと西尾さんの御本に載っていた写真の機関車は、エアータンクの上に歩み板があり、その板から放熱管を吊り下げているように見えました。こりゃまた面倒な、とは思いましたが、お二人に敬意を示す為も、その通りに製作してみました。

先にランボード下にエアー配管とキャブへの給水管を取り付けました。キャブサイドに配管吊りの割りピンが見えています。このキャブぎりぎりの穴開けには、キャブに02の帯金を置き、キャブ側面を傷付けないようにして06の穴を開け、05幅02厚の帯金を通しています。

放熱管自体は治具に巻き付けて形を整えます。真鍮線は05を使用。

きっちりセンターに06幅02厚の帯金をハンダ付けしました。放熱管の間を押し込むにはハンダのキサゲに使用して切れ味の落ちたデザインナイフを使用しました、新品の刃だと帯金が切れてしまいます。

先に放熱管側をハンダ付けしました。

足?の部分はベース板でギチギチに押さえてハンダ付けしました。放熱管の吊り金具が平らになり楽です。

真ん中が歩み板ですが、ご覧のように吊り金具を取付ける突起を出して切出しました。いちばん上は切り出した後の端材ですが、一筆書きで切り出しています。これだけでも時間短縮になり、また、極小の切屑を出さずにすみます。

エアータンクに歩み板を取付ける段になって、どうすんだよ~、ハンダ付けじゃあ無理じゃん?!。となりました。そこでタンクに06真鍮線を植込み、歩み板に貫通させて止めるオダマシ工作発動です。歩み板には制式蒸気機関車でも沢山取付ボルトが付いていますから、この付け方で良しとしました。(^^ゞ

歩み板を取付け、放熱管を付けてみました。放熱管の吊り金具がある歩み板の上には、リベット付きのウインドヘッダーを貼り、上から見た際に歩み板がノッペラボウにならないようにしています。

キャブ前妻板の三つ目が通る!も面白いし、ひょろ長い煙突と馬鹿でかいスチームドームの対比、冗談みたいなキャブ側板、見どころ満載の機関車です。放熱管をエアータンクのサイドに吊った事で、ボイラーまわりとキャブが織りなす珍妙さが際立つ結果になりました。やはり臼井さんと西尾さんの御本の通りにして良かった!と感じました。

鉄道省7270の製作・煙突を葺き替えました!。

葺き替えました!。ひょろンと長い煙突の後ろに、これまた、ひょろンと長いコンプレッサーの排気マフラーが続く、臼井さんと西尾さんの御本のブルックス7270。このひょろンが、製作意欲を掻き立てる要素のひとつだったので、不細工ですが、良しとしました。(^^ゞ。

煙突はチムニーキャップのエッジだけ整形し直し、ミニヤンキーバイスに咥えてスカートを煙室に合うようにヤスリました。煙室と同径のパイプの輪切りをあてがって、ヤスリ具合を見ています。

スカートは03の端材に2ミリの穴を開け、煙突にビスで締め付けてからハンダ付けしました。煙突にはナットを丸く整形してハンダ付けして、煙室への取り付けはビス止めにしました。

ひょろ長いマフラーは2ミリのパイプに2,4のパイプを被せて、上下に僅かな段差を付けました。08真鍮線を通し、マフラーの側面にコンプレッサーからの排気管を差し込む穴を開けてあります。

宮沢C58から移植した発電機とコンプレッサーも、このブルックスの強烈な個性の中にすっかり溶け込んでいるように見えます。

 ボイラーが細く、ディテールの取り付けは外からハンダ付けをしましたので、流れたハンダをキサゲで削るのに時間を取られますが、掌に汽車を置いてカリカリ、余分のハンダを削るのも、たいへん幸せに感じました。

生き残り古典機の自作は、この機関車で3両目ですが、今まで写真集を眺めて、これは良いなぁと思うだけだった機関車が、不細工ながらも形になる、これは楽しい事です。そしてキット組やジャングル再生で製品をいじる事以上に自由な世界が味わえます。 時間は確かにかかりますが、材料費のかからないことにはビックリ!。この機関車の為に改めて購入したパーツは百円のモーターとアダチ製作所のD型ブレーキだけですから、天賞堂Cタンクの不動を加えても、総額5千円くらいです。なんとも懐に優しい遊びではないでしょうか?(^^)。